本文へ移動

ごきげんようKTCです~♪

ごきげんようKTC(神戸海岸特養ケアセンター)です~♪

RSS(別ウィンドウで開きます) 

#14 Xmasプレゼントの続きです~☆

2020-12-18
宝塚劇場でもこんなに近くで楽しんだことがありません
フォーエバー♪利用者様が夢にも思わなかったとご一緒に歌っておられました。
男性の家族様も数名利用者様と並んですみれの花~咲くころ~♪
お名残り惜しい気持ちが伝わってまいりました。一生懸命に拍手を贈ります
美苑様、手を離せてもらえず困っておりました。
特別な「おまけ」素敵ですね~☆英マキ様はどこでしょう??
英様と美苑様、宝塚歌劇団OGの方々はご活躍されています。
プログラムは内緒!でも宝塚ならではの有名な曲もオスカル~♪・・・感謝しかありません
 ケアハウスの入居者様から、嬉しいわ~嬉しいわ~と始まる前から笑顔でよく宝塚歌劇に通ったことを目を輝かせてお話してくださったり、特養の利用者様からは奥様に付き合って宝塚に行ったことを話して下さる目には一筋の涙が・・・遠くを見ながら「思い出したわ」「ええなぁ」と話された方の姿が思い出されます。
KTC14階多目的ホールに居た人の目はキラキラきらきら色とりどりのきらきら輝いておりました。
英様、美苑様の立ち居振る舞い。きらきら佇まいから指先の動きまで宝塚で永年培われた真のプロフェッショナルのお姿でした。だからこそ宝塚ファンが多いのでしょうきらきらしたハート職員の中にも当系列病院にもファンが多くいることがこの時に判明しました口を広げてにっこりした顔追っかけや出待ちをした人まで新しい発見でしたからかった顔
 この様な機会を提供頂きまして職員一同、改めて心より御礼申し上げます。
来年は利用者様とお会いできますように2つのハート
 

#13 寒いですねぇ~ お風邪などひいてはいませんか?

2020-12-18
KTCに今日はXmasプレゼントが届く予定でした( ;∀;)
昨年の12月6日(金)にご訪問下さいました。
来年こそは是非ともお会いできますように~♪
ご縁があって英マキ様さまからボランティアのお話がございまして厚かましくも来て頂くことになり実現したのですが宝塚歌劇団のあの有名な階段のある舞台に立っておられたスター点滅している星さんに、KTCの半円で淵にお花紙で飾り付け(利用者様と職員の手作り)した舞台に立って頂くことになりました。英マキ様は宝塚歌劇団66期生の星組男役さんきらきら現役中にNHK朝の連続テレビ小説「虹を織る」に出演され、現在は地元企業や観光協会に開発から携わり地域活動に貢献されております。様々な形でショーなど多方面に活躍中です。勿論”未来の宝ジェンヌ”の育成にもご尽力されています。美苑えりか様は75期生の星組と花組で可憐な娘役さん色とりどりのきらきら現在は歌を中心にコンサート・ミュージカル等ボイストレーニング講師と活躍されております。すごく近い距離で本物の宝塚のショーを楽しみ感激した時間を過ごさせて頂きました。来年こそはお会いできますように願っております。

#12 デイサービスの芸術家さん

2020-12-15
仲良しお二人さまは魔法の手をお持ち・・・?
来年の干支「牛」を作成して下さいました。
 お二人さまはきらきらしたハート同じ曜日のデイサービスをご利用下さっております。赤い「牛」の絵馬は14階多目的ホールに初詣の鳥居と一緒に飾られます。初詣にお出かけできない利用者様のために職員が今、頑張って作成中です(勿論デイサービスにも鳥居が出来上りかけていますよ)お二人さまの凄い所は作品の発想と出来上がりも早く驚かされる事ばかりでございます。もちろんご覧のとおりクオリティーが高いのですいいね(手のひらが手前)                
  お二人さまとデイサービス職員にも芸術的感覚の持ち主がいまして沢山の芸術作品がございます。出し惜しみしながらご紹介しますね口を広げてにっこりした顔 
 
KTCのデイサービスには多才な利用者様が続々とおられますので楽しいこと盛りたくさん上に曲がる右矢印(赤)
 是非とも体験して頂きたいと思いま~す点滅している星点滅している星点滅している星点滅している星
 

#11 デイサービスのお昼訪問

2020-12-15
お食事前から癒されて(^-^)
60インチの画面に動物が映され・・・
目を細めて、柔らかな表情で動物をご覧になっておられます。
動物の力は凄いですね利用者様を魅了しておりました。

#10 Xmasの飾りの続きでございまぁ~す

2020-12-15
どのフロアを訪ねても同じ飾りはありませんでした
ツリーのトップが珍しくリボンですが可愛い
エレベータードアもデコレーション♪
ミニサイズですがXmasの雰囲気が伝わりませんか?
入居者様が楽しそう飾ってましたぁ
TOPへ戻る